ブログトップ

Sunny*Smile

yukosmile.exblog.jp

ディスポーザー

家の建築時に、私の強い希望でデイスポーザーの生ポンドライを取り付けました。
c0178855_18214111.jpg

私は水まわりの掃除が苦手で・・・まぁ、前の住まいがとても古かったこともあるんですけど、排水口付近の掃除がとにかくイヤでした。
友達のマンションに遊びに行ったとき、ディスポーザーが付いているのがとってもうらやましくて。
これでまたけっこう予算を費やしたのですが、快適性には代えられない!と思って付けてもらいました。

こちらは生ゴミをそのまま排水口に投入して栓をすれば、全自動で粉砕して乾燥処理してくれます。24時間後には20分の1になるとか。乾燥ゴミはそのまま捨てられるし、肥料として使うこともできるそうです(私は肥料にしたことはないのですが)。

卵の殻ももちろん、鶏の骨や貝殻もOK(私はちょっぴり怖いので流しませんが・・・)、細かな残飯がたまって排水口を掃除するってことがないのは快適です。

でも・・・
*水の流れが時々悪いことがある(仕組みがわからないので、中で何かあっても自分ではどうしようもない)、*臭いは通常ほとんどないんだけど、たまーに「ん?」と感じることがある、
*乾燥処理するためにチップの購入が必要&定期的に点検が必要などのコスト面
などの問題点もあり・・・
正直、大絶賛!!ってほどじゃないです。
(なんじゃそりゃ~ってがっくりしないでくださいね~)
c0178855_18362187.jpg

そして、シンク下のスペースをほぼ半分占めているため、収納はぐ~んと減ります。
引き出し式にできないので、観音開きの扉になりますしね。
この部分の収納が使いにくいことはちょっとイタイですよね。
反対部分には、キッチンのお手入れ道具、洗剤・スポンジなんかを入れてます。
何となく調理道具を同じスペースに入れる気分にはなれないので~

シンクの排水口の掃除は楽だけど、食洗機の残さいフィルターはやっぱり掃除しないといけない・・・
やっぱり掃除からは逃げられないのですね~
最近のキッチンはお手入れもしやすくなっているでしょうから、排水口の掃除もそんなに面倒じゃないのでしょうか・・・?
by yukotkk | 2009-02-18 18:46 | インテリア
<< 入学準備 バレンタインと・・・ >>